診療科のご案内

お知らせ一覧

医療関係者向け

神経内科

神経内科とは

神経内科は、脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりする事が上手にできなくなった時に、このような病気を疑います。症状としてはしびれやめまい、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、物が二重に見える、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、もの忘れ、意識障害など、たくさんあります。まず全身を診ることができる神経内科で、どこの病気であるかを見極めることが大切です。

その上で骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術が必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神科にご紹介することになります。

担当医師表

日本神経学会認定 神経内科専門医
午前丸野内 暢彦丸野内 暢彦
午後丸野内 暢彦

※諸事情により担当医師が変更したり、休診させていただく場合がありますので、休診情報をご確認ください。
※急な変更の場合は休診情報の更新が間に合わない場合があります。申し訳ありませんが、お電話での確認をお願い致します。