診療科のご案内

お知らせ一覧

医療関係者向け

内科(消化器内科)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群とは(SAS)

睡眠時に無呼吸状態になる疾患です。「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断されます。

全国民の2~4%が睡眠時無呼吸症候群といわれており、昼間の眠気による交通事故の一因とされています。また、生活習慣病を発症しやすくなると指摘されています。

疑いのある症状

いびき
日中の眠気
起床時に頭が痛い
熟睡感がない
夜何回も眼が覚める

診断のためには、睡眠時に検査をしなくてはなりません。そのため以前は検査のために入院する必要がありましたが、いまではご自宅で簡単に検査ができる携帯型検査装置があります。
いびき程度と軽く考えずに、もしや? と思われた方は早めにご相談ください。

禁煙治療について

やめられない喫煙はニコチン依存症です。 ニコチンには麻薬ほどの依存性があります。そのため、禁煙時に現れるイライラなどのニコチン切れの症状を、自分の力だけで乗り越えるのは困難です。

医療機関での禁煙治療は、医師のアドバイスを受けながら禁煙することができます。当院ではニコチン依存症の方の禁煙治療を実施しています。

スクリーニングテスト等によってニコチン依存症と診断された方には、健康保険が適用されます。今すぐ禁煙したい方はお気軽にご相談ください。

担当医師表

午前
受付時間
8:00~11:30
渡会長生
藤井はる香
笠井保志
吉岡経明
藤井はる香
吉岡経明
渡会長生
弥冨章(10時~)
藤井はる香
吉岡経明
渡会 長生
内科担当医師
午後
受付時間
15:30~17:30
吉岡経明藤井はる香渡会長生

※諸事情により担当医師が変更したり、休診させていただく場合がありますので、休診情報をご確認ください。
※急な変更の場合は休診情報の更新が間に合わない場合があります。申し訳ありませんが、お電話での確認をお願い致します。