病棟のご案内

お知らせ一覧

医療関係者向け

病棟のご案内

当院の病棟について

当院の入院施設は、急性期の治療に対応した一般病棟(49ベッド)、寝たきりの防止と家庭復帰を目指したリハビリテーションを集中的に行う回復期リハビリテーション病棟(60ベッド)、要介護者の長期療養に対応した介護療養型医療病棟(60ベッド)で構成されています。急性期の治療から要介護高齢者の療養まで幅広いニーズに対応できます。病室は最大で4人までの定員とし、全ての病室が1ベッドあたり8平方メートル以上の面積を確保しています。

一般病棟

一般病棟は、内科・外科・整形外科等の混合病棟で、病気やケガをされた方が入院治療する急性期疾患の治療、回復を目的とした病棟です。

回復期リハビリテーション病棟

ADL(日常生活動作)能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目指したリハビリテーションを集中的に行う病棟です。

介護病棟

介護療養型病棟は、長期にわたる療養が必要な要介護者を対象とし、施設サービス計画に基づいて療養上の管理、看護、医学的管理のもとにおける介護その他の世話及び機能訓練、その他必要な医療を提供します。